持ち運びが簡単なストライダー

ストライダーは軽いし、細いので持ち運びがものすごく便利

基本的には公道走行はダメなので、公園やグラウンドなどで走ることになるんだけど、ストライダーの重さは3キロ程なので大人なら片手でひょいっと持てる軽さ。

マンションの階段でも片手は子供を抱っこして、片手でストライダーを持つなんてことも平気で出来るよ!

もちろんお母さんの自転車の前かごにも乗せれるし、近所の公園まで運ぶのも手間にならない。

保管場所もスペースを取らないのでいいよ!玄関の端に置けるくらいスリム。

三輪車を置くスペースよりははるかに幅を取らないのでどこでも置けるよ。

だいたいの車のトランクにもかるがる入る大きさだし、邪魔にならないので乗せっぱなしにしている人も多いね。

持ち運びを心配されている方!3キロって生まれたばかりのお子さんの重さですよ。ほら、数年前に抱っこしたあの軽さ。

本当に軽くて子供自身でも引き起こしが出来るくらいです。

ネットで買ったら格安の金額!正規ディーラーより3000円以上も安いしお得。

ストライダーの組み立てはとても簡単!女性でも問題なし

ストライダーの組み立てはとても簡単

女性でも10分程度で組み立てが出来るので安心してネットで購入できるよ!

本体フレームに前後のタイヤとハンドル、サドルを取り付けるだけ。

説明書に組み立て画像が載っているけど、特に見なくても組み立てれるくらいのレベル。

13mmと10mmのスパナで締めつけるだけでOKなので安心して購入していいと思うよ。

ブレーキやチェーンなどの汚れそうな部品も一切ないし、なんなら子供と一緒に楽しんで組み立て出来るのでこの作業自体も良い遊びになるよ。

正規店舗で購入しても結局自分で組み立てることになるので並行輸入品の格安ストライダーの方が絶対にお得!

ここなら6780円やで!

正規品と並行輸入品の違い

ストライダーを買う時に気が付くのが、正規品と並行輸入品の違いやね。

正規品は豆魚雷という会社が日本の総販売代理店としてアメリカから商品を輸入して販売している。

日本仕様に説明書も日本語だし、型式も(ST-J1)となっている。

この国内正規品は日本の安全基準をクリアした製品で、検査も行われており、もちろん不良品であればしっかりと対応してくれる。

それに対して並行輸入品の形式は(ST-3)となり補償対象外になってしまうので、不良品などの対応がはっきりとしていないのが現状。

価格差や個体差あるので一概には言えないが安い並行輸入品にはちょっとした当たり外れがあるかもしれないというのは覚悟しておいた方がいいのかもしれない。

僕の周りで並行輸入品を買った人で不良品に当たった人はまだいないのも現実。

3000円以上の価格差があるので僕はスグに並行輸入品に飛びついたけどね(笑)

グリーンの格安ストライダー

ストライダーって全部で6色あるんだけどその中でも広告に使われているのがこの黄緑色(グリーン)のストライダー

ウチの子供に買ってあげたのもグリーン!

どうしてこの色にしたかというと、『どの色がいい?』と聞いて指さしたのがこれだったから(笑)

2才になったばかりだったので多分分かってなかったと思うけど、自分で気に入ったのだろうと判断し購入。

レースなどに行くと同じ色のストライダーに乗っている子がたくさんいるけど、6色しかないので被るのは仕方なし!

中には塗装して自分だけのカスタムストライダーにしている子もいるよ。カッコイイね。

緑色のストライダーで格安はこちら